バカいいに!遠州!

静岡県の主に遠州地方と呼ばれているところの様々なオススメをメインで発信します!

焼津の美味しいポテチ!かつお節ポテトチップス!

【#22 焼津紹介 お菓子編】

かつおポテトチップス

 

市販の三大王道ポテチはもう古い!

あなたは市販されているポテトチップスの中で、何味が好きですか?

コンソメ?うす塩?のり塩

私はのり塩派なのですが、今回紹介するのはこれらのどれでもありません!

王道3味を差し置いて、今回紹介するのはなんとかつお節風味なのです!

この記事を読めば、好きなポテチの味がひとつ、新しく増えること間違いなしです!

 

あっさりした風味は斬新!

今回紹介するポテトチップスの味は、なんとかつお節味!

それも本物のかつおが付いていてそれを振りかけ、しゃかしゃかふりふりシェイクしてから食べるのです!

かつお味で、さらにかつおをふりかけて食べる!?

なんという新しい味・・・!

 

f:id:nzhamamatsu:20180829220057j:image

黒メインでかっこよくデザインされていますね。

かつお節!!」って感じがします(←?)

左上にくっついているのは、振りかけて食べるかつおです。

本当にかつおそのまんまでしたw

 

左上のかつおはこんなふうに、袋の中でふりふりしゃかしゃかして混ぜてくださいね。
f:id:nzhamamatsu:20180829220052j:image

 

袋の裏の下のほうにはかつおについてのちょっとした小話が。
f:id:nzhamamatsu:20180829220049j:image

 

肝心な味は、というと・・・。

まず、かつおを振りかけないで食べてみました。

すると、かつおをかけなくてもあっさりとしたかつおの風味が鼻を抜けました。

とってもあっさりしてはいるのですが、味は十分に感じられます。

元来のポテトチップスうすしお味のしょっぱさとはまた違った、海の風のような弱い塩気もあります。

かつおなしでも美味しい!

 

ですが、ここで終わりではいけません!

このポテトチップスの最大の魅力はかつお!!

これをかけなければ始まりませんね!

かつおをかけてシャカシャカ、袋の口を開けたとたんにかつおの香りが漂いました。

「おお~、かつおの香り!」と、思わず口に出てしまいましたw 当たり前じゃん

一口食べてみると・・・。

かつお・・・っ!圧倒的かつお・・・っ!!カイジナレーション風)

さきほど、かつおをかけないで食べた時よりはやっぱり香りも味も強くなっていました。

強くなったとは言ってもあっさり風味なことには変わりありません。

そしてなにより、美味しい!

なぜ一袋しか買ってこなかったのか、5袋くらい買ってきてほしかったとつい思ってしまいました。

ネットで取り寄せて買おうか、というかそもそもネットで買えるのかと色々思考を巡らせながら、かつお節ポテトチップスは胃袋に消えていきましたw

かつおのポテチがこんなにおいしいものだとは思いませんでしたw

 

かつおなのにチーズ味?!

さて、普通のかつお味のポテチとは別に同じメーカーさんからかつおポテトチップスチーズ味なるものも出ています!

 

袋の色は、黒ではなく黄色。チーズ色ですね。

しかも、よく見ると季節限定らしいです。この前の時は見かけなかったからなぁ。

f:id:nzhamamatsu:20180908235540j:image

 

チーズ味の袋、裏側です。

最初はかつおなしで味わうというのは公認みたいですね。
f:id:nzhamamatsu:20180908235537j:image

 

さて、気になるかつおポテトチップスチーズ味の味はいかに・・・!

まずは公認の食べ方にのっとり、かつおなしで食べてみました。

香りはやっぱりチーズの香りがしましたね。

そして、普通のかつお節ポテチと比べて、チーズの味が確かにしました。

チーズ味とされているだけあってしっかりと、しかしふわっとほんのり感じられました。矛盾?

このままでも美味しいのですが、そこはかつお節ポテチ

ちゃんとかつおをかけなければ・・・!

ということでかつおを振りかけてしゃかしゃかふりふり。

香りは、チーズの香りが弱まりかつおの香りが出てきました。

お互いの香りが絶妙にミックスされて美味しそうな香りに・・・!

そして、味は・・・。

これまた絶妙な味・・・。

なんとも形容しがたい味でしたw

チーズの味が感じられる中で、かつおの味が後からほんのり来て余韻でチーズとかつおが混ざってとても美味しいです!

美味しいのですが、一言で「こういう味!」「これと似てる!」と言えないのであなたにぜひ食べてもらって上手い表し方をお教え願いたいですw

 

焼津の鰹節屋!
f:id:nzhamamatsu:20180829220054j:image

 

だしに、まじめに、一貫生産。

このかつおポテトチップスのメーカーさんは、静岡県焼津市にある「株式会社丸正」さん。 

鰹節系の商品なら、鰹節は削り節もちろん、粉末やパック、液体のだし、佃煮など一通り販売されているようです。

1935年に卸問屋として創業を開始されたようですね。

1935年というと83年前。

港町焼津ならではの鰹節を長年販売し続けていらしたのですね。

 

実はこの丸正さんのかつおポテトチップス、今回ご紹介した普通のかつお節味チーズ味のほかに、梅味わさび味も販売しているというのです!

チーズ味梅味季節限定ということなので、若干レア度が増す・・・?

そしてなんと、わさび味は静岡のわさびといったら有名な「田丸屋」さんとのコラボ商品だというのです・・・!

これは全味制覇をしなければ・・!

 

※わさびで有名な「田丸屋」さんについても今後取り上げる予定ですので、わさび好きの方こうご期待!

 

株式会社丸正さんのサイトはこちらから。

※こちらのURLから飛びますと、最初に店舗営業カレンダーが出ます。

左横のメニューから商品案内やカタログの請求ができますので、ぜひどうぞ。

www.s-marusyo.jp

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

株式会社丸正さんのかつおポテトチップス

いつもコンビニやスーパーで見かけるポテトチップスとは一味も二味も違っていてとっても新鮮で美味しく食べられます!

ぜひ、一度は食べてみてください!きっと虜になると思います!

ちなみに、購入場所は東名高速道路富士川楽座SAです。

ほかの場所にもあるカモ・・・?

 

ここまで読んでいただいてありがとうございました。

【夏の納涼 特別版】湖西の化け地蔵!袈裟切り地蔵!

【#21 湖西紹介 納涼企画其の肆】

袈裟切り地蔵

 

 

あなたのお家の周りにお地蔵さまはありますか?

道にあるお地蔵さまにお参りしたことはありますか?

そのお地蔵さまは・・・ちゃんと首がありますか・・・?

 

今回は、少~し怖い袈裟切り地蔵のご紹介・・・。

 

お地蔵さまが人を化かす?

今回の伝承はこんなお話です・・。

 

昔々、あるところに潮見坂と呼ばれる坂があったそうな。

この坂はあの浮世絵師・歌川広重の『東海道五十三次』にも描かれている有名な坂で有名じゃった。

しかし、この道に夜な夜な大入道や一つ目小僧が現れて、そこを通る人を化かして怖がらせているという噂がたってしもうた。

その噂を聞いたお侍が「よし、拙者がその化け物を退治してみせようぞ」と出かけていった。

お侍が近くにある六地蔵の側まできたときじゃった。

その六地蔵のうちの一体が一つ目入道に化け、真っ赤な舌を出しげらげらと大声笑い始めたのじゃった。

お侍が一太刀で切り捨てると、一つ目入道は消えてしまった。

翌日、近くのおばあさんが潮見坂近くのお墓へお参りに行くと、お墓の入口にあった六地蔵のうちの一体が、肩口から胴体へかけて斜めに袈裟切りされておるではないか・・・。

それからというもの妖怪は姿を現さなくなったが、潮見坂の妖怪は六地蔵のうちの一体の仕業だったのかと、この話題でもちきりになり坂の周辺で評判になった。

そして、このお地蔵さまは「袈裟切り地蔵」「笑い地蔵」と呼ばれるようになったそうな・・・。

 

お地蔵さまが化けた理由・・・?

人々を見守るお地蔵さまが、なぜ妖怪に化けて人々を怖がらせるようなことをしてしたのでしょうか。

その理由はいくつかあるそうですが、津波を逃れてきた複数の墓石が放置されてしまい、荒れ果ててしまったため、どうにかしてほしいという気持ちが現れたというものが一説にあります。

いくら、荒れ果ててしまったお墓を直してほしい気持ちが具現化したとはいえ、妖怪に化けて出たら余計に人が寄り付かなくなってしまいそうな気もしますが・・・w

 

そもそもお地蔵さまって・・・?

何の気なしにお地蔵さまの、それも袈裟切り地蔵の話をしてきましたが、普通のお地蔵さまの役割や意味とはどのようなものなのでしょうか。

お地蔵さまは、正式には「地蔵菩薩」という仏様の一人です。

地蔵菩薩は、さまざまなものに姿を変え活躍をするを言われていますが、子供を守り、元気に育つようにと祈願されるのが一般的のようです。

墓地などにいるお地蔵さま赤い帽子よだれかけのような物を身に着けているのも、これが理由です。

色が赤なのは、「清く」「正しい」「正直」な色と考えられており魔除けとしての意味があるそうです。

 

f:id:nzhamamatsu:20180816224726j:plain

奥が袈裟切り地蔵

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

子供を守り、元気に育つようにと祈願されてきたお地蔵さま

そんなお地蔵さまも、強い想いを妖怪に具現化させ、人々に想いを伝えることもあるんですね。

もし、道でお地蔵さまを見かけたら、少し立ち止まって手を合わせてお参りしてみるのもいいかもしれません。

お参りし終わって振り返ったら、一つ目入道に化けているかもしれませんよ・・・。

 

ここまで読んでいただいて、ありがとうございました。

【夏の納涼 特別版】榛原郡の妖怪?能満寺のソテツ!

【#20 榛原紹介 納涼企画

能満寺ソテツ

 

 

感情があるのは、生きている動物・人間だけだと思ってはいけません・・・。 

今回は納涼企画其の参

妖怪を取り上げるのにはかわりないのですが、どちらかというと感情があるのは人間だけではないと思えるようなお話をお伝えします。

 

ソテツについて

あなたはソテツというものをご存知ですか?

私は、この記事を書くまでソテツという言葉さえ知りませんでした。

「妖怪なんだしきっと漢字は鼠鉄って書くんだろう」と勝手に思っていたほどですw

調べてネズミの妖怪ではないことが分かり、若干がっかりでしたw

 

ソテツはネズミの妖怪ではなく、実際に存在する木です。 

今回の伝承をお話する前にソテツについて少し説明を。

ソテツはこんな見た目をしています。

f:id:nzhamamatsu:20180731161144j:plain

 

ソテツは背の低い木で、主に日本では九州や南西諸島に生えています。

海岸近くや駅のロータリーなんかに植えられているイメージですね。

背の低い木で成長が遅いことが特徴ではあるのですが、大きいものは高さが8mを超える木もあるとか・・・。

背が低いとはこれいかに・・・。

このソテツは漢字で書くと「蘇鉄」。

枯れかかった木に鉄のクギを打ち込むと復活するといわれている伝承から、この漢字になったそうです。

植物にクギなんて打ち込んだらそこから腐っていくような気がしますが・・・、すごい伝承ですね。

また昔は食用と薬用にも使われていたと言います。

ソテツは有毒らしいのですが、いくつかの処理を経れば食用になるとか・・・。

しかし、飢饉などどうしようもない緊急時のみに食べられていたもので、簡単に試すのはオススメしません。

薬用としては、日本ではなく中国で使われていたそうです。

葉・種子・茎・花・根が漢方になるそうですが、前述したとおり有毒なので素人が作るのは危険だそうです。

 

この木のどこに、七不思議の伝承に加えられるような話があるのでしょうか・・・?

 

帰りたいソテツ

お待たせしました、今回の遠州七不思議の伝承をお話しましょう。 
 
〖壱〗
昔々、富士の国のあるところに能満寺というお寺があったそうな・・・。
そのお寺にはソテツというたいそう立派な木が生えておった。
そこへ、駿河城から徳川家康が能満寺へ訪れた。
お寺のソテツを見た家康は、「おお・・・、立派なソテツじゃ・・・」と、そのソテツをたいそう気に入り、欲しくなってしまった。
家康の頼みではと、お寺の和尚さまもしぶしぶソテツを掘り起こして家康へ譲ったそうな・・・。
それから数日後、家康は庭の方から人間の声のようなものを聞いた。
薄気味悪く思った家康は、翌日家臣の者に聞いてみたが心当たりはないという。
それからというもの、その不気味な声は日を追うごとにはっきり聞こえてくるようになった。
すすり泣くような細い声で「帰りたい・・・帰りたい・・・」と聞こえてくる。
最初は信じなかった家臣も、実際の声を聞いてさぞ驚いた。
「これはきっとソテツの魂の声じゃ。そこまで言うのなら仕方あるまい。能満寺へ帰してやろう」
そう思った家康は、ソテツを能満寺へ返したそうな。
それからというもの声は聞こえなくなり、今でも能満寺には立派なソテツが生えているそうな・・・。 
 
〖おまけ〗
昔々、大井川という川に一匹の大きな蛇の死骸が流れてきおった。
これを見た人々は、何か悪い事が起こるのかもしれないと恐れ、能満寺に丁寧に葬ってやったそうな。
そして、その大蛇を葬った墓の上にソテツを植えた。
そのソテツ、みるみるうちに大きくなり大蛇のようにうねった幹となったそうな・・・。 
 
人間以外にも、魂や気持ちのようなものがあるんだということが分かるお話ですね。
ソテツの魂の声を聞いて、きちんと能満寺へ戻してやったのはさすがは徳川家康といったところでしょうか。
大蛇の話は、弔ってくれた人々へのお礼でしょうか・・・?
 

 実際の能満寺のソテツ

f:id:nzhamamatsu:20180802171315j:plain

 

能満寺は静岡県榛原郡吉田町というところにあります。

この能満寺のソテツは日本三大ソテツのうちの一つとされていて、国が指定する天然記念物となっています。

高さは6mにもなり枝の数はおよそ90本にもなるそうです。

画像を見ると、これは確かに徳川家康も欲しくなるような立派な木ですよね!

ちなみに、日本三大ソテツのあと2つは、同じく静岡県静岡市の龍華寺、そしてもう一つは大阪府堺市にある妙国寺です。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

遠州七不思議のうちの一つ、能満寺のソテツ

このお話のソテツが特別だったのか、それとも植物には人間には簡単には見ることのできない魂があるのか・・・。

いずれにせよ、これからは植物にも気持ちや魂があると思って大切にしてあげたいですね。

 

ここまで読んでいただいて、ありがとうございました。

【夏の納涼 特別版】浜松の妖怪!波小僧!

【#19 浜松紹介 納涼企画編】

波小僧

 

静岡の妖怪を涼しさと共に紹介する、納涼企画・其の弐!

今回は浜松の妖怪です。今回もかわいらしいお話ですよ。

 

 助けてもらったお礼に・・・

一つ目小僧や三つ目小僧といった小僧の妖怪は割と有名かと思いますが、波小僧はご存知ですか?

波小僧遠州七不思議と言われる奇々怪々な物語集に含まれています。

遠州七不思議については後ですこ~しだけ取り上げますね。

さて、波小僧の伝承をお伝えします。

波小僧の伝承は大きく分けて3つほどあります。

一つ一つ紹介していきますね。

※雰囲気を出すため日本昔話風・登場人物の会話は遠州弁にしていますw 市原悦子さんを脳内再生してお楽しみくださいw

 

其の壱 浜松市西区

昔々、あるところに漁を生業としている漁師たちがおったそうな。

ある日その漁師たちが、天候や雲と波の様子から大量だと予想して海へ出た。

しかし、どうしたことか1匹も魚が取れなんだ。

「こりゃどうしただぃ。こんなことは初めてだやぁ。こんな日は、はぁ家へ帰るだ。」

海へ最後のひと網を入れ、手繰り寄せると見たことのない気味の悪い生き物が引っ掛かった。

「やい、お前か!不漁の原因は!」

怒った漁師たちは、その生き物に殴りかかろうとせまった。

するとその生き物は小僧の姿へと変わり、こう言った。

「どうか命だけはお助けください。助けていただいたら、お礼にこれから海が荒れる時は太鼓を叩いて知らせます。」

漁師たちはたまげたが、その小僧の姿となった生き物を信じて海へ帰してやった。

それからというもの、波の音に聞こえる小僧の鳴らす太鼓の音が南東から聞こえたら雨や嵐、南西から聞こえたら晴れということが分かり、大漁が続いたそうな・・・。

 

其の弐 浜松市中区

昔々、ある男の子が田植えをしておったそうな。

そのとき、どこからともなく親指ほどの大きさの波小僧が現れた。

そして波小僧は海へ帰してほしいと男の子へ頼んだ。

聞けば、波小僧は大雨が続いたので陸に上がって遊んでいたが、急に日照りが続いたため海へ帰れなくなってしまったんじゃと。

男の子は波小僧を海まで連れて行き、波小僧は無事海へ帰って行った。

数日後、干ばつで作物が取れんようになり男の子は浜辺で途方にくれておった。

すると、この前の波小僧が突然現れてこう言った。

「オラのおっとうは雨ごいの名人だで、雨降らせてやるだ。波の響きが南東から聞こえたら雨が降るで。覚えといてね」

すると、波の音が変わり土砂降りの雨が降り始め、干ばつの被害が治まったそうな・・・。

 

其の参 遠州灘

昔々、あるところに坊さまがおったそうな。

その坊さまは年老いたおっかあが元気になるようにと、念を込めて2つの藁人形を作り田植えをさせたそうな。

その藁人形が田植えを終えたあと、坊さまは藁人形に読経を聞かせてからこう言った。

「これから雨や風で災害が起きるようなら、必ず人々に知らせておくれ。」

その後、坊さまはその2つの藁人形を川へ流したそうな。

その片方の藁人形は、海へ流れつき漁師が仕掛けておった網に引っかかってしもうた。

網を仕掛けた漁師が、その網を引き上げるとなんと波小僧が引っ掛かっておったそうな。

波小僧が命乞いをしながら、助けてくれたら波の音で天候を知らせると言いおった。

漁師が波小僧を開放してやると、海の向こうへと帰っていった。

それからというもの、「雷三里、波千里」(一説には波七里)ということわざがうまれ、漁師たちは波の響きが南東から聞こえれば雨、南西から聞こえれば晴れと知ることができるようになったそうな・・・。

 

さて、いかがでしたでしょうか、3つの伝承。

どの伝承も困っている波小僧を助けたらお礼に波の響きの音で天気を知らせてくれる、というのがベースになっていますね。

実際に、遠州地方の海は白砂青松の海岸が長く続いていて、高くなった波の音が反響して南風にのり、遠くの山あいまで響くという自然現象が発生するとのことです。

実際に自然現象があるということと、こんな伝承が伝えられているのはとってもステキなことですね。

ちなみに、「雷三里、波千里」という言葉は、今回お話した遠州灘に伝わる、地鳴りに似た独特の波の響きの事を指します。

昔の人たちは波の響きでその日の漁の取れ具合を予想できたそうです。

 伝承其の壱のお話の冒頭で少し出てきますね。

 

波小僧の姿

網にかかってしまったり、陸に上がってたら帰れなくなってしまったりと少しおっちょこちょいなところのある波小僧ですが、どんな見た目なのか気になりますよね?

ここでは3つの画像を紹介します。

 

〖壱〗

f:id:nzhamamatsu:20180731123020j:plain

 

こちらは、浜松市西区の舞阪宿末並木公演に設置されている波小僧の石造です。

色合いが木製のように見えますが、石造との事。

表情と色合いがあいまって、とってもかわいらしい像ですね。

 

〖弐〗

f:id:nzhamamatsu:20180731123026j:plain

こちらは御前崎市浜岡砂丘に設置されている像です。

 こちらも石造ですね。

撮られている角度のせいもあるのかもしれませんが、〖壱〗の像とは違って若干小僧っぽさが薄まっているような気がしますw

漁師さん、と言われても違和感ない・・・?w

 

〖おまけ〗

f:id:nzhamamatsu:20180731123029j:plain

こちらの像は鳥取県境港市水木しげるロードに設置されている銅像です。

静岡県、しいては浜松市からは離れてしまいましたが鳥取県にも波小僧の像があるということだったので、せっかくなのでご紹介。

この像は、頭と目が大きくぎょろっとしていて不気味ですね。

「ザ・妖怪・・・っ!」って感じの雰囲気です。

錬金術を使える兄弟のアニメにでてくるホムンクルスのエンヴィが一瞬頭に浮かびましたw

静岡県の波小僧とはまた違った印象ですね。

 

お気に入りの波小僧はいましたか?

私は〖壱〗の波小僧がかわいくて好きですね。

 

遠州七不思議

今回の記事の最初の方に取り上げた遠州七不思議。

言われているのは次の7つです。

この納涼企画で取り上げる予定ですので、お楽しみに!

  • 桜ヶ池のお櫃納め
  • 京丸牡丹
  • 片葉のアシ
  • 小夜の中山夜泣き石
  • 三度栗
  • 波の音(☚今回の波小僧はここに含まれます)
  • 無間の鐘
  • 池の平の幻の池
  • 子うまれ石
  • 天狗の火
  • 能満寺のソテツ
  • 柳井戸
  • 晴明塚

あれ?7つ以上ありますね・・・。

おかしいな~、おかしいな~。

怖いな~、怖いな~。(某〇川淳二風)

そうなんです、遠州七不思議は諸説あり組み合わせが違う場合があるようです。

七不思議が七つじゃない場合って他にも聞いたことがあるのですが、七つで収めきれないなら「七不思議」じゃなくて「八不思議」とか「十不思議」って言っちゃってもいいような気がしますが・・・w

七不思議だとなんとなく言葉の響きがいいからですかね?

七はラッキーセブンですし、トランプカードなども7が強い役を作ったり、7枚で1セットなんていう場合もありますし、不思議な力があるのかも・・・?

 

最後に

いかがでしたでしょうか。

遠州地方七不思議のひとつ波小僧

かわいらしい小僧のお話でした。

静岡県の海に遊びに行ったら、もしかしたら波小僧に会えるかもしませんよw

 

ここまで読んでいただいて、ありがとうございました。

【夏の納涼 特別版】掛川の妖怪!雷獣!

【#18 浜松紹介 納涼企画編】

雷獣

 

今回からは、納涼企画と題して静岡県各所にまつわる心霊・妖怪たちを少しずつ紹介していきます。

さて、記念すべき納涼企画の1回目は・・・?

 

 

雷獣とは

雷獣という言葉を聞いたことありますか?

雷獣とは雷とともに現れる妖怪で、日本各地に伝説が残されています。

鵺(ぬえ)と言った方が分かる方は多いのではないでしょうか。

平家物語』で源頼政に退治された妖怪・の正体は雷獣だったとされているようです。

 

雷獣の見た目は文献によって多少なりとも違いがあるとされていますが、多くが動物を部分ごとに合体させたように書かれています。

簡単にまとめると雷獣の特徴はこうなります。

  • 顔はキツネかネズミのよう
  • 大きさは犬やタヌキよりは小さく60㎝前後
  • 全身はい毛で覆われ足は6本、尾は2本
  • 手足には長く尖った水晶のような爪がある
  • 水かきがある個体もいる
  • 激しい雷雨の日には雲に乗って空を飛ぶ
  • トウモロコシが大好き
  • 誤って墜落することがあり、その勢いは木を割き、人を害したという

『絵本百物語』に「かみなり」という題で竹原春泉が書いた雷獣がこちら

f:id:nzhamamatsu:20180726185243j:plain

画像左上が雷獣・・・だと思います。あとよく見ると右半分ちょい下に顔が見えますね。

なんか想像してたのと違いますがそこはご愛敬w

 

 

 雷獣が放つ妖気に中てられると錯乱状態になることが多く、どんな薬でも鎮めることはできなかったといいます。

しかし、トウモロコシかトウモロコシを粉末状にしたものを食べるとすぐに治ったそうです。

 

トウモロコシが大好きという部分と、誤って墜落するという部分は愛嬌のようなものも感じますね。

今挙げた以外にも各地に様々な伝承が残されていて、挙げればきりがないほどです。

 

現代では、一つ目小僧やろくろ首のようなメジャーな妖怪とは違い、雷獣知名度がそこまで高くないのかもしれません。

しかし、江戸時代には河童や人魚と並んでとても知名度がありました。

雷のことがまだよくわかっていなかった時代は、空のことはまったくわからず、空の上がどうなっているかは想像するしかありませんでした。

そこで、雷が発生しているときは、空の上に棲んでいる未知の生物が地上に落下しているんだ、と考えるようになりました。

これが雷獣の伝承が始まった由来とされています。

 

各地で姿が違う

雷獣は各地に伝承が残されていますが、その土地で姿が大きく違うこともあります。

各地の伝承を箇条書きでご紹介します。

 

新潟県の伝承

  • 形・大きさともに猫のよう
  • 体毛は艶のある灰色だが、日があると黄金に輝く
  • 天気のいい日はお昼寝するが、風雨だと元気になる
  • 安永時代にある武家に落ち捕獲された
  • 落ちた際に足を痛めており、治癒してから解放した

 

江戸で飼われて(?)いたという伝承

  • モグラかムジナに似ていた
  • 鼻先はイノシシ、腹はイタチに似ていた
  • ご飯はヘビ、カエル、オケラ、クモ

 

富山県の伝承

  • 姿は猫に似ている
  • 体毛はネズミ色
  • 前足の脇下にはコウモリのような飛膜があった
  • しっぽは大きく反り返り、顔にかかっていた
  • 卵を食べた

 

広島県の伝承

  • 身体はカニかクモを思わせる
  • 四肢の表面はウロコのようなもので覆われている
  • 四肢の先は大きなはさみのようなものがついていた

 

鳥取県の伝承

  • 大きさは2.4m
  • 鋭い爪と牙があった
  • タツノオトシゴに似ていたことから雷龍ともいわれていた

 

雷獣という名前だから雷と一心同体!かと思いきや、墜落時に足を痛めちゃったりしたんですねw

東日本は獣ベースなことに対し、西日本では海の生き物ベースとなっている点がとっても面白いですね。

東日本と西日本で共通していえることは、雷の時に落ちて来た幻獣であり姿形に絶対の決まりはない、ということですね。

 

雷獣の正体は?

様々な古典に記されている大きさや行動の特徴などから、雷獣の正体はハクビシンであるとする説があります。

当時はハクビシンの個体自体が少なく、ハクビシンという名前がなかったことが挙げられます。

江戸では、実際にハクビシン雷獣として見世物にされていたこともあったそうです。

また、雷に驚いて木から落ちたイタチ、ムササビ、アナグマ、カワウソ、リスなどの誤認といった説もあります。

ただ、ハクビシン説を唱えると、カニやクモ、タツノオトシゴに似ていたという西日本の伝承の説明がつかなくなってしまいますね。

何か別の説があるのでしょうか・・・。

 

掛川での善い伝承

これまで挙げてきた伝承は雷獣の姿形や何を食べるかということでしたが、静岡県掛川市のあるお寺でのお話はなんだかかわいらしい伝承です。

ある日、掛川市のあるお寺に大木が真っ二つに割れる大きな雷が落ちました。

その大木の根本にケガをした雷獣を、お寺の和尚さんが発見し、手厚く看病しました。

ケガが癒えた頃、獣雷はお礼に自分のおへそを外して和尚さんに渡しました。

「日照りで困ったらこれを拝んでください。必ず雨が降ってきます」と言い残し、天へ帰っていきました。

ある日、日照りで村人たちが困っていると、雷獣のおへそを持った和尚さんが現れました。

和尚さんは、おへそが入ったたらいに水を浸して一番高い二本松の元へ持っていき、お祈りを始め、村人も一緒にお祈りをしました。

その3日後、ついに雨が降り始めたのです。

それからというもの、日照りで困った時はおへそをもって二本松の元でお祈りをすると3日ほどで雨が降るようになったとか・・・。

 

昔話に出てきそうなかわいらしいお話ですね。

雷獣のおへそ、着脱式だったんですかね・・・?w

その後、雷獣自身のおへそが復活したのかどうかは不明ですが、このお話に出てくるお寺は印徳寺というお寺らしいです。

この印徳寺で、最後に雨ごいが行われたのは1948年らしいのですが、その時に実際のおへそを見たという人の話によると、サザエのフタのような形で金色の毛が生えていたらしいです。

ちょっとどんな感じか想像つきませんねw

 

最後に・・・

納涼企画1回目いかがだったでしょうか。

これから台風や急な夕立でが発生することが多くなると思います。

雷を見たときは、身の安全を確保してから雷獣の事をちょこっと思い出してみてはいかがでしょうか?

もしかしたら、墜落して足を怪我してるかも・・・w

 

ここまで読んでいただいてありがとうございました。

沼津の静岡県一面白い水族館!深海魚水族館!

【#17 沼津紹介 場所編】

深海魚水族館

 

 

今回は前回の#16の記事、深海魚バーガーと合わせてご覧いただけると一層楽しめる内容となっております。

 

 #16の記事「深海魚バーガー」はこちらからどうぞ!

www.hamamatsu0518.com

 

 

 

あなたは深海魚はお好きですか?

深海魚、好奇心をそそられる言葉ですよねぇ・・・。

深海魚がお好きならぜひここへ足を運んでみてください!

 

深海魚好きならここ!自由研究にもピッタリ!

日本国内で深海魚に特化している水族館はこの沼津の深海魚水族館のみです!

 そんな素敵な水族館で撮った写真をご紹介します。

画像が荒くなってしまいました。ご了承ください。

 

f:id:nzhamamatsu:20180718234445j:plain

左はおそらくフィドラーレイ、と右は多分ポートジャクソンシャーク。

ひらべったくてかわいいですね。

 

f:id:nzhamamatsu:20180718234830j:plain

カニが大きくてびっくり!

真ん中の子は光ってしまいましたw

 

f:id:nzhamamatsu:20180718234835j:plain

おそらくネコザメです。「アカシマシラヒゲエビ」は下の解説ボードですね、きっと。

同じ白黒の縞々でイヌザメという鮫もいます。イヌザメの方は、大きくなると縞模様はなくなってしまうとか・・・。

 

f:id:nzhamamatsu:20180718235124j:plain

ミツクリザメの顔の迫力!

 

 

f:id:nzhamamatsu:20180718235140j:plain

ユウレイイカ、暗い場所なので本当にイカの幽霊のようですね

 

f:id:nzhamamatsu:20180718235148j:plain

すご~く大きなタカアシカニ。登ろうとしてる(?)岩のほぼ半分!

 

f:id:nzhamamatsu:20180718235159j:plain

この子の名前、ご存じの方・・・教えて頂けると助かりますw

古代生物なのは確かだとおもうのですが・・・w

 

目玉はシーラカンス

f:id:nzhamamatsu:20180715190734j:plain

 

この深海魚水族館最大の目玉は、なんといってもこのシーラカンスです!

 このシーラカンスはレプリカや作られたものではなく、冷凍保存されています!

シーラカンスは5体あり、そのうちの3体ははく製ですが、2体は冷凍保存の個体らしいです!

展示されているシーラカンスのお腹からは、サバの仲間やイカが出てきたとか・・・!

サバ、美味しいですよねぇ~。

 

深海魚水族館ではCTスキャンにより立体映像で再現がされていて、海中を優雅に泳ぐ姿がスクリーンでみられます!

 

シーラカンス

シーラカンスについてどの程度ご存知ですか?

私も大昔にいた魚、くらいしか知識がないので調べてみることにしました。

シーラカンス古生代デボン紀(約4億1600万年前~3億5920万年前)に出現して、中生代白亜紀末(約6500万年前)に大量絶滅が起こりほぼすべての種が絶滅してしまいました。

古生代デボン紀アンモナイトやオウムガイ、シダ植物が繁栄し、動物が陸上に上がってきたり両生類が出現始めた時期。中生代白亜紀は地上で恐竜や爬虫類がトップに位置付き、現代の鳥の祖先の真鳥類と呼ばれるものもこの時期に出現しました。しかし、環境が大きく変わったことにより多くの種がこの時期に絶滅してしまったそうです。)

この絶滅が原因で、シーラカンスの種類は完全に絶滅してしまったと思われていました。

しかし、南アフリカに1938年にその存在が確認され、続いてインド洋で1952年に、インドネシアで1997年にも確認されています。

白亜紀までに生きていた種と上記3箇所で確認された種には、大きな差がなかったため「生きている化石」と呼ばれるようになりました。

ただ、川に住んでいた種類のシーラカンスはすべて絶滅してしまっており化石で発見されています。

存在が確認できたのは海にいる種のみ。深海への好奇心がますます膨らみますね!

 

あまり難しい話をしてもアレなのでここら辺でやめておきますねw

簡単に説明すると、ものすご~~~く昔に生きていて絶滅してしまったと思われていたけれど、最近になって昔と変わらない姿で生きていることが分かったよ、ということです。

 

この水族館では、シーラカンスの他にも様々な深海魚海の生き物、また爬虫類昆虫も見ることができます。

生きている姿が残念ながらみられず展示での紹介となっている生き物や、透明骨格標本として展示されているものもいます。

ぜひ、一度は訪れることをおすすめいたします!

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

海は、現代の技術を使ってもまだ解明できていない部分がほとんどで、深海の部分は特に解明できていないといいます。

深海魚水族館ではその謎に包まれた深海の一部を垣間見ることができます。

この夏は、を求めると同時に海の一面に触れてみてはいかがでしょうか。

 

ここまで読んでいただいてありがとうございました。

 

#16 深海魚バーガーの記事はこちら

www.hamamatsu0518.com

 

 

 

沼津の面白いバーガー!深海魚バーガー! 

【#16 沼津紹介 食べ物編】

深海魚バーガー

 

 

今回は浜松から少し離れて、海の近く沼津の深海魚水族館をご紹介・・・と、したかったのですが長くなってしまいそうだったので、深海魚水族館は次の記事で紹介いたします。

今回は沼津の深海魚水族館のお隣にある、深海魚バーガーのご紹介です!

お魚好き、深海魚には目がないという方必見です!

 

目印は提灯!

深海魚ってどんなイメージですか?

怖い顔?変な顔?暗~くて日の光も届かないようなところに住んでて?

食べられないし?よくわからないし?

 

そんな、どちらかというとちょっとマイナスなイメージを持っているあなた、もちろん深海魚大好きな方にも朗報です!

沼津深海魚水族館の入口向かいのお店「沼津バーガー」さんでは、深海魚バーガーが食べられるというのです!

一口ぱくっと食べてみれば、マイナスイメージも少しは払しょくできる・・・?

 

目印はこれ!

f:id:nzhamamatsu:20180713162705j:plain

 

 正面からはこんな感じ

f:id:nzhamamatsu:20180713162754j:plain

 

大きく「沼津港」と書かれた立派な提灯が目印です。

しかし、この提灯は車道から少し奥まったところにあるので、車でお越しの方は助手席や後部座席の方に見つけてもらう方がいいと思います。

 

#17の記事にもつながるのですが、この写真では提灯の左奥に水族館の入口が見えていますね。

水族館の手前にちらっと映っているのは水族館とは別のお土産物屋さんです。

水族館自体のお土産物屋さんは、館内にあるのでご心配なく。

ただ、この手前に映っているお土産物屋さんも渋くて良い感じでした。

ここでなくても買えますが、桜えび味のポテトチップスがありましたよ!

オススメなので、ぜひ食べてみてくださいね!

 

深海魚バーガー!

そして、お待ちかね!深海魚バーガーがある沼津バーガーさんは、写真でいう水族館の右側にあります。お名前は「沼津バーガー」さん。

ちょうと入口を左手に通り越しながら行く感じですね。

 

さぁ、みなさんお待たせしました! 

これが、深海魚バーガーの全貌です!!(後ろにちらっとポテト付き)

f:id:nzhamamatsu:20180715002324j:plain

あれ・・・?

思ったより普通・・・?

 

そうです!この深海魚バーガー、見た目は普通に美味しそうなんです!

この深海魚バーガーメギスという魚を使っています。

それをフライで揚げたもの。

お魚のフライってとっても美味しいですよね!

 

「え・・・、そりゃフライの見た目してるもんで美味しそうなのは当たり前じゃん。

お魚自体の見た目はどうだぃ?深海魚だできっと不気味でグロテスクに決まってるだ!」(遠州弁 イントネーションが大事w)※今回は沼津

 

 そうお思いのあなた!

これがメギスです!

f:id:nzhamamatsu:20180715170136j:plain

思ったより・・・、普通の魚・・・。

そうです、深海魚といえどグロテスクな見た目の魚ばかりじゃないんです。

この魚についてはのちほど少しご説明しますね。

 

少し話が脱線しました。

深海魚バーガーの見た目は、普通に魚のフライでしたね。

肝心の味は・・・。

白身のフライです。

そう、白身のフライが好きならこの深海魚バーガーはとっても美味しく食べられると思います。もちろん、白身魚のフライ大好き!までいかなくとも、普通に白身魚のフライが食べられるならぜひ食べていただきたいです。

ふっくらしててそれでいてフライの衣がサクサクで・・・!

深海魚というと、味がしつこかったり万人受けしそうにない気もしますが、そんなことはありません!

あっさりしていてなんの違和感、抵抗なく食べられました!

よく言えばあっさり、悪くいえば拍子抜け・・・、といった感じでしょうか。

MクDナルドやMスバーガーに同じような味もある気が・・・。

 

このカフェレストラン、他にもご当地の食材を使ったものが食べられます。

ぜひぜひ、行ってみてくださいね!

また、この深海魚水族館の周りの飲食店は深海魚を使った料理を出しているところが多いそうです。

海鮮系に目がないあなた、お魚大好きなあなたには本当におススメです!

 

メギスについて

メギスの正式名称はニギス、といいます。

メギスはどうやら方言らしく、「メギス」と呼んでいる地域は北陸地方や新潟、静岡の沼津周辺に限られるのだとか。

北陸地方と中部の静岡県それも、沼津周辺に限られるなんて、地理的には離れているのにおもしろいですね。

メギスは傷みやすく、漁港から遠く離れた町にはもっていけないらしいです。

最近は、冷凍保存の技術などが上がっているので多少は遠くでも大丈夫なのかな・・・。

それにしても、沼津は海が近いので、ご当地食材になるのも納得ですね。

また、なぜメギスが深海魚に分類されるかというと、普段は水深100m~400mの域、砂泥底にいるそうです。ただ産卵期には150m~200m付近に集まります。

深海魚は水深200mより深くに住む魚を指すので、メギスも含まれるわけですね。

 

今現在分かっている、食べられる深海魚一覧

他にもあるかも・・・?

 

まとめ

深海魚バーガーは、万人受けする美味しいバーガーです!

沼津と言ったら深海魚!深海魚と言ったら沼津!

そしてその深海魚を手軽に、ファーストフードで食べられるなんて行かなければ損です!w

深海魚バーガーを食べに来たなら、お隣の深海魚水族館も絶対に外せないのでこちらの記事とぜひぜひ合わせてご覧ください!

 

#17 深海魚水族館の記事はこちら 

www.hamamatsu0518.com

 

最後までご覧いただきありがとうございました!