遠江国と東海と

静岡県の主に遠州地方と呼ばれているところの様々なオススメを発信します!

夏にピッタリなひんやりスポット!竜ヶ岩洞!

【浜松紹介 第4回 場所編】

竜ヶ岩洞

 

みなさん、こんにちは!暑い日が続きますね。

涼しさを求めて浜松の心霊スポットを調べ、一人で勝手に怖くなっている和みです(笑)

 

今回は、浜松にある夏にピッタリなひんやりスポットをご紹介します!

心霊スポットじゃないので、ご安心ください。

そして心霊スポットは面白半分で行くのはダメですよ。

 

 

坂の向こうの竜ヶ岩洞

浜松市の北区にある竜ヶ岩洞

今の暑い季節になると多くの人が訪れます。

 

少し坂になった道を行くと駐車場があり、竜ヶ岩洞への道案内の大きな看板が出ています。

駐車場を抜け、坂の入口を超えると竜ヶ岩洞は見えてきます。

奥に竜ヶ岩洞の洞窟があり、左手にはお土産物屋さんやちょっとした食事のスペースもあります。

 

また、ここのソフトクリーム密かに有名で美味しいのです!

私も初めてこの竜ヶ岩洞を教えて頂いたときは「ソフトクリームも食べなよ!」とオススメされました。

洞窟を満喫した後で、暑い中食べるソフトクリームは最高です!

ぜひ一度食べてみてください!

 

中は暗くてひんやり

坂を超えると奥に洞窟の入口が見えてきます。

大きいのですぐにお分かりになるかと思います。

 

私が以前訪れたときは、洞窟の入口手前にコウモリが展示されていました。

今もコウモリはお出迎えしてくれているのでしょうか?

(ただコウモリは竜ヶ岩洞ではなくとも、夏の夕方になると普通にそこら辺を飛んでいます。)

チケットを買って、いざ洞窟内へ!

 

洞窟の中は基本的に暗くてひんやりしています。

滝などもあるので履物によっては滑りやすくなっているかもしれません

滑りやすい場所には手すりがあったりきちんと注意喚起がされているのでご安心ください。ただ、足元にはお気をつけくださいね(笑)

 

最初は「暗いしちょっと怖いなぁ」なんてお思いになるかもしれませんが、進むにつれて慣れてきて途中からテンション上がってきますのでご安心を。

ライトも設置されているので「真っ暗な洞窟を手持ちのライトだけで進む!」といったようなことはないので安心してお進みください。

 

洞窟内はさまざまな案内板や紹介があります。

動植物について、洞窟の掘り進めていた当時の写真、現在地などなど・・・。

その中でもやはり様々な鍾乳洞が1番圧巻されます!

長い長い、気の遠くなるような年月をかけて作られた鍾乳洞。

思わず「わぁ・・・」とため息のようなものが出てしまうほど素晴らしいものです。

 

洞窟内にある小さな案内版があります。

マリア観音」や「姫かんざし」といった具合に書かれているのですが・・・。

そうです、鍾乳洞が実際にマリア観音やかんざしのように見えるのです!

長い年月と自然の力でそのような形になったのだといいます。

もちろん、この2つだけではないのでぜひ全部見つけてみてください!

 

 

洞窟以外にも見どころはたくさん!

私が竜ヶ岩洞に行った時のいつもの一連の流れをご紹介します。

(需要あるのか?)

ご参考程度にどうぞ。

  1. コウモリと挨拶
  2. 洞窟へ
  3. 洞窟出口のお土産屋さんを見る
  4. 向かい側にあるお土産物屋さんを見たのちアイスクリームを食べる
  5. 顔ハメパネルの写真を撮る

5の顔ハメパネルの写真はいい思い出になりますので、ぜひ場所を探して記念にスマホでパシャってくださいね(笑)

(売店の横の目立たないところにあります。)

 

竜ヶ岩洞には洞窟とソフトクリーム以外にも見どころはたくさんあります!

残念ながら、私は上記の流れがデフォになっているのですべてをここでお伝えはできません。

しかし、次の機会にはぜひこの上記の流れ以外のところにも行ってみようと思います!

足水や食事処などもあるようなのでぜひ洞窟と共に満喫しに行ってみてくださいね!

※足水は4月~10月は無料で利用できるそうです

 

最後に 

いかがでしたでしょうか。

正直、ブログだけでは竜ヶ岩洞の魅力、鍾乳洞の魅力は伝えきれないものです。

この夏、ぜひ鍾乳洞の神秘に触れてひんやり涼しい気分になってください。

 

夏の時期は、大型バスで観光に来られる方もいらっしゃるほどで交通整理をしている場合もあります。

多くの車とお客さんでにぎわいますので、駐車や車には十分お気をつけください。

 

ここまで読んでいただいてありがとうございました。

浜松の美味しいお菓子!あげ潮!

【浜松紹介 第5回 お菓子編4】

あげ潮

 

皆さんこんにちは、暑いですね。いかがお過ごしですか?

これから各地で花火大会が開かれる時期になってきたと思います。

夏ならではの花火、今年も見に行く予定を立ててみるのもいいかもしれませんね。

 

今回は、浜松のお菓子あげ潮を紹介します!

 

 

触感がたまらない!

このお菓子の1番のポイントはその食感にあります。

クッキーなのですが、ザクザクとした歯ごたえで、抜群の噛みごたえなのです!

ニュージーランドとオーストラリアで人気かつ有名なお菓子、アンザックビスケットという名のビスケットに似ている歯ごたえです。

このアンザックビスケットは「ちょっと硬すぎる・・・かな?」と思うこともあるくらいですが、あげ潮はちょうど良い噛みごたえになっています!

また、ザクザクとした食感なのですがクセやクドさがなく軽い感じなのです。

 

使われている材料の中に、コーンフレークがあります。

ザクザクの理由の一つは、このコーンフレークなのでしょうね。

また、袋やホームページの商品紹介の欄にも書いてあるのですが、ナッツや木の実、フルーツが入っているのです。

ですが、ナッツの感じはあまり感じませんので、ナッツが苦手な方でも大丈夫です。

実をいうと、私もナッツ系は苦手なのですがなんの問題もなくあげ潮が大好きですので安心して食べてみてくださいね。

そしてフルーツはレーズンのような感じです。

このコーンフレーク、ナッツや木の実、フルーツが、このクッキーの美味しさを助長させているのです!

まさに、「トレ!!!ビアンッ!!!なんだ、この味は!舌の上で深く絡み合うハアアアアァーモニー!」となります(笑)

 

洋菓子のすべてを手作り?! 

このあげ潮は「まるたや洋菓子店」という洋菓子屋さんからでています。

名前の通り洋菓子店なのですが、お菓子を手作り作られているらしいのです!

その理由がまるたや洋菓子店さんのホームページに載っていました。

「当社の商品をお買い上げいただくお客様はもちろん、
贈られた方にも笑顔と幸せをお届けしたい―
そんな想いが込められています。
効率や大量生産による安定供給をお勧め頂いたこともありますが、
“想いを込めた手作り”は
創業以来どんな時も妥協せずに貫いてきた当社のこだわりです。」

 

まるたや洋菓子店 ホームページより引用

 

 手作りというのは、作り手の気持ちが多少なりとも入っていると思います。

効率や大量生産で拡大を図る企業が多い中、「想いを込めた手作り」を第一に考えているまるたや洋菓子店さんの優しさを感じずにはいられません。

 

まるたや洋菓子店さんは1949年に創業を開始しました。

当時の社長さんが、東京で食べたシュークリームを、「こんな美味しいなんて!浜松の人たちにも食べさせてあげたい!」と始めたらしいです。

なんて浜松の人想いなんでしょうか!素敵すぎます!

また、洋菓子にはなるべく添加物を使わないようにしているそうです。

添加物を使わないとどうしても賞味期限が短くなってしまうのですが、消費者のことを考え安心安全な洋菓子を届けたい、と考えたからだそうです。

ますます、まるたや洋菓子店さんを好きになりました!

 

あげ潮は2種類!

あげ潮

 

f:id:nzhamamatsu:20170730234627j:plain

普通のあげ潮です。この赤い模様の袋が特徴です。

ちょっとダサい、レトロな感じの袋がまたいい味を出しています。

袋のデザインを見て「え・・・」と思われた方、ここで手を出さないのはもったいないです!

「袋のデザイン<<<味」 この不等号が成り立ちます!

 

1袋180g入っていて675円です。

また、1~4袋ごとに箱に入っているものが売られています。

 

ミニあげ潮

f:id:nzhamamatsu:20170730235635j:plain

こちらはミニあげ潮です。黄色の袋が目印ですね。

ミニあげ潮の袋のデザインはかわいらしい感じですね。

少なめに入っているので、「食べてみたいけどそんなにたくさんはいらない・・・。」という方にオススメです。

ですが、すぐに赤い方も買いたくなると思います(笑)

 

1袋50g入っています。

そのほかには、3袋1パックで売られています。

 

最後に

いかがでしたでしょうか?

うなぎパイほど有名ではありませんが、とっても美味しいお菓子、あげ潮です!

ザクザク感は本当にやみつきになりますよ!

ぜひ皆さん食べてみてくださいね!

下にまるたや洋菓子店さんのホームページへのリンクを貼っておくので、ぜひどうぞ!

ここまで読んでいただいて、ありがとうございました。

 

www.marutaya.net

いろいろあるよ!うなぎパイ!

【浜松紹介 第3回 お菓子編】

~うなパイ紹介編~

 

みなさん、こんにちは!

うなぎパイを最初に作った春華堂の方は神なのではないかと思い始めた、なごみです。

 

今回の記事は第1回で紹介したうなぎパイですが、いくつか種類があるのでご紹介いたします。

 

 

うなぎパイ

まずは一番有名なオーソドックスなうなぎパイの紹介です。

春華堂の包装紙に包まれた長方形の箱に入って売られています。

包装紙はクリーム色にカラフルだけど淡い色のバックに「 ぎパ」の字、そして大きな「う」の字。箱は深いワインレッド

もう包装紙と箱から美味しそうです!

個数もバリエーションがあり、税込みで1000円しない12本入りから税込みで6000円近くする67本入りまであります!

それぞれ12本入り、16本入り、24本入り、32本入り、36本入り、48本入りです。

※67本入りは予約がいるそうです。

 

うなぎパイ ミニ

オーソドックスなうなぎパイより少し幅があり、半分くらいの長さうなぎパイがあります。

その名も「うなぎパイ ミニ」です。

味も少し普通のうなぎパイと違い、はちみつナッツが入っているんです。

こちらは10本入りが袋に入って売られています。

袋は透明なので中のうなぎパイが見られる状態になっていますよ。

ナッツ系が好きな方はぜひ、お試しください。

 

続きを読む

浜松の美味しいお菓子 お茶みかん

紹介 第2回 お菓子編2】

お茶みかん

 

みなさん、こんにちは!

「浜松の美味しいもの親善大使」なるものがあればなりたいと思っている、なごみです。

 

始めに・・・

第1回目のうなパイ回、読んでいただいてありがとうございます!

始めたばかりなのに多くの方に読んでいただいて、とても嬉しいです!

今後も私も好きなものを発信して、より多くの方に知っていただきたいと思います。

よろしくお願いします。

 

うなパイ回はこちら

nz-hamamatsu.hatenablog.com

 

 

大変お待たせしました。

今回の浜松紹介第2回は、みんな私が大好お茶みかん

「お茶みかん・・・?お茶なの?なんなの?みかんなの?」

そう思われた方。答えは・・・、お茶でもみかんでもありません!

さっそく紹介していきますね。

 

  • お茶?みかん? 
  • 味と見た目
  •  
  • 3時のおやつは?文明堂!
  • 最後に
  • 今後の予定記事

 

お茶?みかん? 

 お茶みかんは、お茶のようなみかんでもみかんのようなお茶でもありません(笑)

カステラです!それもただのカステラではありません!

お茶もみかんも入った、それはそれはトレ!!!ビアンッ!!!なカステラなのです!

うなパイにも、決してひけをとりません!

静岡茶と一緒に食べると最高なのです!

一袋すべて「僕のだぞッッッ!!!」とひとりじめしたくなる美味しさです(笑)

 

月山さんにはお帰りいただいて説明に入りましょう。

お茶みかんは和洋菓子という部類に入ります。

和洋菓子、また和菓子なのか洋菓子なのかわからない名前ですね(笑)

和洋菓子とは、和菓子ベースで生クリームや小麦粉を使っているものや、反対に洋菓子ベースで和風の素材(あんこやきなこ、抹茶など)を使っているものの総称です。

今回のお茶みかんもカステラ(洋菓子)ベースで、みかんのスポンジと静岡茶味のあんこの素材(和風)を使っています。

静岡茶のあんこは、普通のあんこより甘みを抑えていてあっさりした味になっています。

抹茶味のカステラではなく、あくまでもカステラベースで静岡茶のあんこというのがポイントです。

次のページでは味と見た目です!

 

続きを読む

浜松の夜のお菓子 うなぎパイ!

紹介 第1回 お菓子編1】

のお菓子 うなぎパイ

 

皆さん、こんにちは。なごみです。

記念すべき初めての浜松のお菓子紹介は有名な

のお菓子 うなぎパイ です。

高速道路のサービスエリアや駅の売店で売られているのを見たことがある方もいらっしゃのではないでしょうか。

今回はそのうなぎパイを紹介していきます。

有名なので今更感はありますが(笑)

あ、皆さんうなぎパイの略省ご存じですか?

「うなパイ」です!(笑)

 

  • ・メーカーさんは春華堂
  •  ・うなぎの要素、どこにあるの?
  • ・「夜のお菓子」の由来 
  • ・最後に

 

・メーカーさんは春華堂

うなぎパイ春華堂というメーカーさんが昭和38年から作られています。

パイ生地部分は職人さんが手作りされていて、その日の天候や気温で材料の混ぜ方や折り方を調整するのだそうです。

この工程を完璧にできるようになるのに10年かるとか・・・。

あの美味しい味は長年の経験によるものなのですね!

 

 

 ・うなぎの要素、どこにあるの?

ところで皆さん、

うなぎパイっていうけどさ、うなぎの要素どこにあるの?」

こうお思いになったことありませんか?

続きを読む

ここは何?私は誰?

【自己紹介とこれから】

 

こんにちは、初めまして。

今回からブログを始めていきます、

なごみと申します。

どうぞ、よろしくお願いします。 

 

初回のブログ内容は以下の3つ

・ 自己紹介

・これは何のブログ?

・最後に

 

まず簡単な自己紹介をば・・・。

趣味は消しゴムはんこ・つまみ細工・切り絵です。

そしてアニメ・漫画・ゲームが大好きです。

ジャンルは、戦闘があるもの・PRG系が昔から好きです。

最近はこれに加えてほのぼの系・ギャグ路線系や、焼き土下座を10秒以上やってのけた某中間管理録の漫画(と本家アニメ)も好きになってきています。

今後、どこかで好きなゲームや漫画を紹介していけたらと思います。

 

ここはどんなブログなのか、という説明をさせていただきます。

主に3つのテーマの記事を分け、更新していこうと思っています。

  • 静岡県の観光スポット・食べ物・方言について
  • 静岡県以外の東海地方について
  • 上記3つに当てはまらないようなその他雑談
なぜこの3つなのか、という理由や詳しいことについては、後々改めて説明させていただこうと思います。
 
では最後に・・・
ブログ初心者なので、初めの方は至らない点があるとは思いますが頑張って改善していきます。
よろしくお願いします。
スポンサードリンク